耳鼻科の病気
みみの病気 はなの病気 のどの病気 その他の病気小林耳鼻咽喉科医院のお知らせブログ

耳鼻科の病気

トップページ|耳鼻科の病気(みみの病気)

耳鼻科の主な病気についての情報です

みみの病気

外耳炎(おでき)
多くは耳の触り過ぎでおこりる、夏に多い病気です。耳の痛み(触ったり口を開けると痛みが強くなります)や耳だれがおこります。外耳の皮膚は薄いので、耳がかゆくて触り過ぎると傷がつき汁が出るので気になって又触るといった悪循環になりやすく、カビが生えることもありますので出来るだけ触らないでください。治療は、外耳道を洗浄して点耳薬を入れたり、軟膏を塗ったりします。
ページ上部へ
急性中耳炎
風邪をひいたり鼻水の多い時、はなやのどの菌が耳管を通って中耳に感染をおこし、中耳炎になります。子供に多い病気ですが、成人でもなります。急な耳の痛みや発熱、耳だれが出ることもあります。抗生物質の投与や鼓膜切開を行って、膿を排出させます。鼻やのどの病気が原因になりますので、それらをいっしょに治療することが大切です。乳幼児では滲出性中耳炎に移行することも多く、完治するまで時間がかかります。痛くなくなったからと、途中で治療を中断しないようにしてください。
ページ上部へ
滲出性中耳炎
幼児期の子供さんに多い病気です。急性中耳炎と違い痛みがなく、耳のつまった感じや難聴がおこります。小さい子供さんは訴えがないので、テレビの音を大きくする、呼んでも返事しないなどで、親が気づくことが多いようです。滲出性中耳炎は、鼓膜の奥の中耳に液体がたまる中耳炎です。耳と鼻の間をつないでいる耳管の機能が悪かったり、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、扁桃肥大やアデノイドが原因となります。又、急性中耳炎の後になることもあります。治療は、原因となっている鼻やのどの治療、通気(耳管を通じて空気を中耳に送る)、鼓膜切開、チュービングなどを状態に応じて行います。滲出性中耳炎は、治りにくく、繰り返しやすい病気です。小学生になる頃には、多くは治癒していきますので、根気よく治療することが必要です。
ページ上部へ
突発性難聴
原因がないのに急に難聴をきたす病気です。通常、片側の耳に発生し、めまいや耳鳴りを伴うこともあります。治療開始が遅れると聴力回復が期待できませんので、出来る限り早期(1週間以内、出来れば4日以内)に受診してください。治療はステロイド投与、点滴、内服、ビタミン剤や循環改善剤等の投与を行ないます。
ページ上部へ
めまい
めまいはいろいろな原因でおこります。診療科としては、耳鼻科、神経内科、脳外科、精神科などで診察することになります。めまいは大きく分けて、中枢性(頭の中に原因がある)と末梢性(頭の中以外に原因がある)に分けられます。末梢性めまいの多くは耳鼻科の病気です。内耳性めまいの代表はメニエール病です。メニエール病は、典型例では耳鳴りや難聴、耳閉感とともにめまいが繰り返しおこるものです。ストレスや疲れが誘因になりやすいので、出来るだけ規則正しい生活をすることが予防になります。進行すると聴力が低下しますので、適切な治療と予防が大切です。BPPV(発作性頭位めまい症)は頭の位置をかえた時に、めまいが数分おこる病気です。典型例では、朝起きた時などにおこります。内耳の中にある耳石が動くことにより起こるとされており、耳石を元に戻す理学療法が有効な場合もあります。その他内耳へ行く血流が悪くなってめまいが起こることもあります。
ページ上部へ
補聴器(難聴)
加齢による難聴や、中耳炎で難聴が進行した場合、補聴器が必要になることがあります。よく「補聴器を買ったけどうるさくてつけられない」といった話をききます。補聴器は高価なもの(箱型が4〜5万円、耳かけ型が7〜12万円、挿耳型が15〜16万円、デジタル補聴器が20〜30万円)です。また補聴器は眼鏡と違い、かけてすぐに聴こえるようになるものではありません。自分に合った補聴器を選び、何度も調整を行い、使いこなせるようになることが大切で、2ヶ月くらいかかることもあります。安易に購入する前に、必ず試聴してください。当院では、補聴器の試聴もできる補聴器相談を行っています。一度受診していただき、予約をとって行います。高度難聴の方は、公的補助を受けることもできます。
ページ上部へ
トップページ診療理念医院紹介 診療案内よくある質問耳鼻科の病気リンクサイトマップ
医療法人社団 小林耳鼻咽喉科医院 〒740-0017 岩国市今津町3丁目1-34 TEL (0827)21-2718